高収入のイメージが強い公認会計士の実際の収入はどういったものになっているのか

公認会計士は、医師免許や弁護士資格に並ぶ、難関資格です。最短でも5年前後の年月をかけて公認会計士になるわけです。当然、公認会計士の年収は高いと思いますよね。では実際には、いくらぐらいの年収を得ているのでしょうか?まず比較対象として、日本の大企業に勤めているサラリーマンの平均年収は600万円程度だと言われています。

対して公認会計士の平均年収は800万円以上です。特に、大手の監査法人に就職できれば、年収1000万円以上も夢ではありません。監査などの独占業務もあり、専門性の高い仕事です。不景気であっても、決算がなくなる事はありませんから、不景気でも仕事が減らないどころか、むしろ不景気の方が経営に関する相談などが増え、忙しくなる不景気に強い仕事の1つだと言えるでしょう。

そのため、公認会計士は、安定した高収入を得る事が出来る仕事として、人気の資格です。さらに、雇われる立場ではなく、独立し会計事務所を開けばさらに、年収は大幅にアップする事も可能です。また公認会計士は高収入なだけでなく、福利厚生も充実しています。

大手の監査法人の場合は、育児休暇や介護休暇などもしっかりしていて、女性にとっても働きやすい環境です。また女性の場合は、結婚、出産後にフルタイムではなく、パートの短時間労働で働きたいという人もいるでしょう。その場合は、時間給での労働となりますが、やはり難関資格を取得しているという事で、時給も他のパートより高く設定されていて、2500円前後となっています。

給与や福利厚生面で優遇されている事を知れば、合格率の低い超難関資格の取得に苦労しても、公認会計士として働きたいと考える人が多いのも納得ですよね。