公認会計士は転職や独立がしやすい職業って本当なのでしょうか?

公認会計士の資格があれば、転職先には困りません。監査法人から別の監査法人に転職するという人もいれば、経営コンサルティング会社に転職するというケースもあります。またどんな企業であっても、経理や総務が必要が必要とされます。公認会計士の資格を持っているという事は、数字が強いという事ですから、大きな武器になります。

それに公認会計士に合格すれば、税理士の資格も取る事が可能です。そのため税理士会に登録すれば、転職して税理士として働く事も可能になります。公認会計士と税理士の両方の経験を積んでおけば、独立した際に、どちらの依頼も引き受ける事ができ、顧客からの満足度もアップするでしょう。

また公認会計士として働くのなら、最終的目標は独立し自分の事務所を持つ事だという人も少なくありません。独立後の仕事内容は、財務書類の作成や、税務、経営コンサルティングとして相談、アドバイスをする事など多岐にわたります。税理士としてのキャリアも積んでいれば、公認会計士・税理士事務所として独立する事も可能です。

そうなれば、さらに仕事の幅を広げる事が可能となります。独立し、経営が軌道にのれば年収が1000万円を超える事も珍しい事ではありません。一般の職種では実力がある人でも独立して必ず上手くいくとは限りません。例えばデザイナーとしての実力があっても、独立し経営者としての実力があるかどうかは、また別の話だからです。

ですが、公認会計士の場合は、日常業務の中で企業の経営についてアドバイスをする事が仕事です。なので、当然、経営に関するノウハウがあり、また公認会計士のプロの目で経営利益が出ると踏んで、独立し事務所を開業するわけです。だから、公認会計士の事務所が経営難で倒産するという事はほとんどありません。